ミカエルとラクシュミのバランス調整

ミカエルとラクシュミのバランス調整が
2018年7月5日(木)のメンテナンス後より行なわれます。

まずはミカエルから
「天罰」を、固有スキル「魂の審判」に変更。運 最大値:109 120

魂の審判:消費MP5、回数制限なし。
「ランダムな敵に7回、破魔属性の魔法型ダメージを威力30で与える」

・・ちなみに天罰は消費MP5、回数制限なしで「ランダムな敵に2~4回、破魔属性の魔法型ダメージを威力50で与える」です。運だけ上がって魔力は上がらないみたいだし、ようやく調整されてこれだとねぇ・・ミカエルさんは泣いていいと思います。

続いてラクシュミさん!
「セクシーダンス」を、固有スキル「蓮華の舞」に変更。運 最大値:158 → 170。

蓮華の舞:消費MP6、回数制限なし。
「敵全体を基礎確率60%で魅了状態にする」

・・セクシーダンスは消費MP6、回数制限なしで「ランダムな敵を2~4回、基礎確率30%で魅了状態にする」で、もう2つ比較対象出します。マハマリンカリンも消費6の敵全体基礎確率30%です。マリンカリンは消費5の敵単体基礎確率40%です。

ラクシュミは魔力おばけなので魔力が上がらなくても仕方ないが、魅了に必要な運が上がり、なにより新スキルがヤバい。敵全体に60%て・・どういう基準なんでしょうね!これは間違いなく状態異常パーティ好きの方々にラクシュミブームが巻き起こりますね。デュエルに興味がない自分でも惹かれるものがありましたよ・・結局作らないですけどね!

はい、そんでもってこの2体にまだ目を向けるところがあります。それが「スキル変更時に、ミカエルの天罰とラクシュミのセクシーダンスのスキルレベルに応じてカサネノマガタマを補てんいたします」というもの。

もしラクシュミ持ってたら即加護アレス(ガチャ産)をセクシーダンスレベル上げの餌にしていたんだけどな!で、天罰はどうなんだ?と調べたところ、メタトロンを使うか異能ガネーシャ(ガチャ産)を使うしかありません・・。ガネーシャ自体出たことねぇし★4だし!カサネの為にメタトロン餌にするとか正気の沙汰じゃねぇし!って感じで諦めざるを得ません・・。

ラクシュミをお持ちでガチャ産加護アレスもお持ちの方、貴重なカサネノマガタマを増やすチャンスですので、メンテナンス前までにレベル上げすることを強くお勧めします。

そして、このメンテナンスでステータスやスキルを調整されたり調整済みの「ミカエル」「ラクシュミ」「ガネーシャ」「ジコクテン」「アシェラト」が敵として出現する同悪魔にも調整済みの状態で反映するそうです。アウラ50層が非常に厳しくなりますね・・。

最後はデュエル関係ですが、特に言うこともないので、こういう変更がありますよってことで。
・戦闘した同じ相手は一定時間経過しない限り(30分)、リスト更新を行っても表示されなくなります。
・デュエルに挑んで敗北した場合も、対戦相手がリストから外れます。