老爺会話全文(前半)

老爺会話全文(前半)

悪魔先制会話:
いきなり仲魔:オヌシは なかなかに 見所があると 聞いておるぞい
悪魔契約書:ほう・・そういうことなら話は早いわい
バッチリ:
命乞い:待っとくれ!この年寄りを殺す気か?
仲魔にする:ほう・・ヒヤヒヤしたわい。オヌシは優しい子じゃの。
拒絶する:なんと!ならばワシも本気で行くぞい!
交渉開始:まさか タダというワケにも いかんからの・・
ギャンブル:肩こりがひどいんじゃが、肩叩きをしてもらえんかのう?
お安い御用だ→回復:ほう・・嬉しいのう。どれ、ワシもひとつオヌシを労わってやるわい。
お安い御用だ→ダメージ:
疲れるから嫌だ:
HP交渉:オヌシらの命を (10%、まあまあ30%、けっこう60%、目一杯80%) くれんかのう?
生贄交渉:
物品交渉:協力を 得んとするなら やはり 気は心じゃ・・
ごまかす失敗:ワシの目を欺けると思うたか!
渡さない成功:駄目とはのう・・
渡さない失敗:もう、よいわい!話はここまでじゃ!
持ってない失敗:ワシにくれて寄越すのは勿体無いんじゃな!
断る失敗:
再交渉:ふむ、そうじゃのう・・
根負け:ワシの降参じゃ!オヌシの仲魔になってやるわい
成功:ふむふむ・・
仲魔へ:種族悪魔名じゃ。今後とも宜しくの
失敗:もう行ってもよいかのう。オヌシの話は退屈じゃ・・
ブチギレ:それなら仕方ないわい。

1、オヌシらの街を見渡すに、何でもどんどん壊しとるが・・古いものを何故大事にせんのじゃ?
新しい方が便利2:何とも嘆かわしいのう・・オヌシもいずれ古くなるんじゃぞ。どれ、古くなる前にワシが終いにしてやろうか?
そういう国もある:
自分も悲しい4:ならばオヌシが大事にせい!ただ悲しんでも変わらんぞ!・・じゃがオヌシは見所がある。もう少し話しても構わんぞ。

2、悪魔が近づいてきた・・どうしますか?
会釈をする3:ほう、感心な若者じゃのう・・どれ・・褒美を食ろうてやろうかしらん
道をよける:
威嚇する:

3、ワシとオヌシが出会うている、この仮想空間とやら・・果たして現実なのかの?
ある意味現実4:なかなか賢い人の子じゃのう。出会うたのも何かの縁かもしれん。
どうなんだろう?3:何もわからずにここに居るのか?オヌシなかなか豪胆じゃのう・・

4、おや・・耳鳴りがするのう、オヌシ何か言うたかの?
何も言ってない2:嘘をつくでない!これでも耳はいいんじゃ!ワシの陰口を叩きおって。こらしめてくれるぞい!
あっ バレた?5:そうコソコソ褒めんでもええぞ、照れるじゃろうが・・

5、なんでも「獣害」とやらが深刻だそうじゃが・・人間は、他の生き物に少しは場所を譲る気は無いのかのう?
人間の生活第一2:人間め、言い切りおったな!いずれツケが回ってくるぞい!
獣も気の毒:

6、「温暖化」と言われとるそうじゃが、誰かこの世界を茹でとるのかの?
人間のせいです・・4:何と!人間はいつの間に世界を茹でるようになったんじゃ。じゃが、そんなことをしたら人間の方も茹らないかのう?
単にそういう時期3:ならば何故気にするんじゃ?時期が来れば冷えるんじゃろう?

7、どれ、耳を貸しておくれ。
いいですよ:
大声で話して:
一個でいい?4:おお、有り難いのう!じゃが・・2個までじゃろ?みっつばかり必要なんじゃ・・頼む相手を間違えたのう・・。

8、この国の人間は、何でもかんでも擬人化をしたがるようじゃの・・
親しんでもらえる5:何と!親しみのためじゃと!?・・ふむ、良きことを聞いた。思えばワシら悪魔の多くの者も、人の姿に例えられ敬われたもの。人間の若者に教えられることがあるとはのう・・。
特殊な文化で・・:
まあ気にするな:

9、この国では老老介護とやらが増えておるそうじゃのう。若者は面倒を見んのかの?
若者はお金が無い2:なに!?本人が生きるだけでも精一杯じゃと!?人の世は、変わらず怖ろしいのう。一思いに終わらせてやろうか?
若者は時間が無い4:社会に出たら寝る時間以外は会社に縛られるじゃと・・!?悪いことは言わん・・捕まる前に逃げ出すんじゃ!!
人は長生きしすぎ4:長生きしすぎとな・・?オヌシは長生きしたくないのか?では、オヌシが生きて苦しむようにワシが力を貸してやろうかのう。

10、見ればワシらのような老人の姿が増えたのう・・
意識しすぎ
高齢化社会で・・2:ほう、人間社会が老いてきたと・・とうとう人間も終わりなのかのう。

11、悪魔は何かを呼んでいる・・どうしますか?
警戒する:
声をかける2:ヒイッ!驚かすでないぞい!ほれ、逃げてしもうたではないか!せっかくおびき寄せた魂が・・詫びにオヌシの魂くれんかの?

12、悪魔は立ち去ろうとしている・・どうしますか?
道を教えて下さい2:あっちへ行け!ワシゃ騙されんぞ!どうせ良からぬことを考えとるんじゃろう!
落し物ですよ3:はて、何を落としたかのう?・・わかったぞい!ホッホッホッ、オヌシの命を拾ってくれたのか。

13、今時の若いモンは、生き生きして見えんのう・・
そうかなあ?:
みんな疲れてる5?:若いクセに何故疲れとるんじゃ?どれ、ワシが渇を入れてやろう。ほれ、オヌシもじゃ!腐れた目をしおって!
熱血はもう古い:

14、悪魔は顔をしかめている・・どうしますか?
どうしましたか?
嫌な感じだなあ2:ふむ・・ワシの笑った顔はそんなに嫌じゃったか・・じゃがオヌシの顔も相当嫌なモンじゃぞ!

15、悪魔は手招きしている・・どうしますか?
近寄る4:ホッホッホ・・素直な若者じゃのう。オヌシの顔は覚えたぞい。
近寄らない2:ほう、年寄りに歩いてこいと・・骨が折れるのう・・かわりにオヌシの骨を折って、心持ちを正してやるわ!