ウィズ最終日

スザク3のアッカロッカ 黒猫のウィズ

今日は何日だ?

今日が8日だったと勘違いしていたこともあり

ウィズの話が中途半端になってしまったので片付けときます!

泣いた話3つ目

それは「幻魔特区スザク」というイベントです。

前に曲でお話した「幻魔特区Reloaded」の前作ですね。

シリーズの間隔が長かった事ややや難しい(?)内容だったので

このスザクは結構頭を整理しないとついていけなくなるかも?

そんな事もあって1と2ではあまり興味あるストーリーではなかったのですが

スザク3で一気に化けました。ノーマルのラスボス戦間近に

魔法使い(キミ?プレイヤー?イベントではなくメインの主人公)がキメてきます。

主人公の台詞にゾクゾクっと鳥肌立ちました。

ホントもうそこでそれを言っちゃうか~みたいな。

そしてその少し後、今度はスザクの主人公が泣かせにくるわけですよ!

どちらも非常にBGMが合っていてたまらん。マジたまらん!

このコンボはガチ卑怯やったわ(笑)

スザク3のアッカロッカ
文章が続くのもしんどいのでスクショを入れてみたり・・

んでこのスザク3の頃はまだハードにもストーリーがあった時期だったはず。

今はもうノーマルに全部ぎゅーぎゅー詰め込まれていて

ストーリーをしっかり読みながらノーマルをやっていると1日でクリアは無理!

そんな感じで今はハードにストーリーはないのですが・・

で、話を戻してハードのストーリーの最後もゾクゾクなんですよ!

普段はイベント主人公に任せっぱなし?振り回されっぱなし?の魔法使いが

こう唐突にキメてくるとヤバいですね。

意味合いは全然違うけどツンデレみたいな?

というよりかはもっと具体的に

ギャップにやられる

って言った方がいいんでしょうか?

魔法使いにはそんな一面があり、そこが面白いところでもあります。

泣きこそしないものの黒猫のウィズには良いストーリーが非常に多いです。

かっこいいストーリー、泣けるストーリー、コミカルなストーリー、のどかなストーリー

もちろん他のゲームくらい普通なストーリーも多々あるんですけどね・・。

ただボリュームが全然違うかな。ホント1日で読めるストーリーじゃない。

ログイン勢でありながらちょっと黒猫のウィズを推してみました(照)

今日の音楽

ウィズのイベント喰牙RIZEより「Razor-Will」。

ぶっちゃけ自分は全然ハマらなかったんですけどね。

どうも一般ウィズ民にとっては挿入歌の中では断トツ人気ということで。

ただ、スルメ曲でもあるようですね。

誰でも最初はダサいっていう印象を持つようです。

そのまま自分にとってはダサいままなんですが、一般ウィズ民はかっこ良くなるそうです。